カラコンの洗浄方法

カラコンを安全に使うためには、洗浄と消毒の方法をきちんと手順どおりに行うことが大切です。ワンデーアキュビューディファインのような使い捨てタイプのコンタクトの場合は毎回洗浄などをする手間がなく楽ですが、コスト的には割高なのでおそらくほとんどの利用者は使い捨てではないタイプのカラコンとなるのではないでしょうか。カラコンの洗浄・管理方法は、基本的には通常のソフトタイプのコンタクトレンズと同じです。
カラコンの洗浄は、洗浄~すすぎ~強力タンパク除去~消毒という手順によって行われます。詳しい方法を説明すると、まずは洗浄済のレンズケースの中に、新しく洗浄液を満たします。続いて石けんを使って丁寧に手を洗ったあと、目の中からコンタクトレンズをはずし手のひらにおいて優しくこすって洗います。手のひらでの洗浄には数滴の洗浄液をつかい、力を込めないようにするのがコツです。あまり力を入れてこするとレンズが破損してしまうので気をつけましょう。オモテ面だけでなくウラ面もまんべんなく洗います。
カラコンを洗い終わったら汚れをすすぎおとし、残留物がないことを確認したらレンズケースにしまいます。ケースのフタをしっかりとしめたら、最低でも4時間以上はそのまま放置をしてください。
放置をすることで洗浄液の中で強力タンパク除去が行われるので、充分に時間をおいたら取り出し、再度に使用してください。使用後には時間をおかず、必ず手順どおりに洗浄をする習慣をもちましょう。