カラコン使用上の注意

カラコンを使う時には、その危険性もきちんと理解した上で利用するようにしましょう。カラコンは、通常の視力矯正用のカラコンと比較してかなり大きな負担を使用者の目にかけてしまいます。安全性についてかなりの研究が進んでいる通常コンタクトレンズにおいても年間かなりの数の健康被害が報告されているのですから、それ以上に危険性のあるカラコンについてはよりいっそうの注意が必要です。
カラコンやコンタクトレンズを利用するときに注意すべき点としては以下のようなものがあります。まず、使用時には目の周りの化粧を薄くすることです。異物が目の中に入ると傷がつきやすくなってしまうからです。それと、他人に貸し借りをしてはいけないことも重要です。目の中にはかなりの雑菌が入り込んでいます。他人のものを使用すると、感染がおきやすく、受けるダメージも致命的になります。
感染を防ぐために、自分だけの使用用のコンタクトレンズであっても、必ず脱着時には石けんで手を洗ってから行うようにしてください。外したコンタクトを再び利用するときには丁寧に専用の洗浄液を使いましょう。
さらに、長時間の使用はせず、最長でも8時間までの着用時間としてください。そしてもっとも大切なのは、着用中になんらかの異常が認められたときにはすぐにカラコンをはずし、眼科医の診断をうけるようにしてください。慎重に使用をする限りは心配なくカラコンを利用してゆくことができます。